人気の婚約指輪をつけるタイミングは?

婚約指輪をいつから身につけるのが正しいのか、人気の考え方は結納の日から、ルールは特にない

人気の婚約指輪をつけるタイミングは?

婚約指輪をいただくタイミングは、プロポーズの時でしょうか。

結婚式をあげるまでは時間があるものの、いただいた婚約指輪をいつからつけはじめるか、ちょっと悩みますよね。

実は、婚約指輪をつけはじめるタイミングにはルールなどはありません。

自分たちが結婚を予定しているということで、好きなタイミングで身に付けても構わないです。

指輪選びをしてからオーダーして、手元に指輪を受け取っても、結納の席で記念品の交換をする時に正式に贈られるのだから、結納が終わるまでは身につけないという人もいます。

それもひとつの考え方であり、けじめでしょう。

結納までに婚約指輪を贈っているという場合は、結納の席でお披露目ということでつけていくという方法も人気があります。

とはいえ、人気のある婚約指輪は多くの場合、ダイヤモンドとプラチナの少し豪華なリングになりがちです。

日常に身に付けていると、少し指元が目立ちますよね。

日頃からジュエリーを身に付けている人以外は、職場などではそぐわないこともあるかもしれません。

ダイヤモンドに洋服をひっかけてしまったり、作業中にも邪魔になってしまうことがある可能性があります。

いただいたばかりなのに、ぶつけたりこすったりして傷などがついてしまわないかと心配になることもあるでしょう。

婚約指輪は特別な時にだけ身につけることにして、日頃は大切に箱に入れてしまっておくという考え方もありますから、カップルで話をして、どのような時に身につけるか決めるのもいいでしょう。

決まりがないということは、自分たちでルールを決められるということでもあります。